Latest posts

家庭という学校

外山滋比古先生の大好きな本のタイトルです。 私の尊敬する先生から頂いた本です。 子どもは周りの大人=親の接し方で大きく変わる。 ちょうど子どもがまだ2、3歳だったので改めて親の責任の重さに震えたのを思い出しました。 さて

苦労した話

私は人生で二度、勉強で苦労しました。 一度目は中学受験で第一志望に不合格、 高校受験でリベンジするために、小6の春休みから受験まで猛烈に勉強した事です。 確か、小6の春休みで中1の英数を終わらせて、4月から中2のクラスに

7月の期末テスト

寝屋川市公立中学では、期末テストの日程が決まっているところとまだのところがありますね。近々決まるでしょうけど。 休講中に進んだ範囲、登校再開後の授業範囲それぞれどの程度かはわかりませんが、今回は大きく差がつくでしょうね。

問題文を読まない子

学校から帰ってきたテストを見てこう言いませんか? 「ちゃんと問題読みなさい!またミスをしている!」 問題文を読まないために間違えた=ミスをした 単なるミスでしょうか? これは重大な問題だと思います。 問題文が読めない、何

かんがえる力

パズルや積み木、手と頭を使ってかんがえる 丸々四年毎週やり続けている小学生たち。 黙々と、「かんがえて」います。 勉強している周りに漂っている空気が違う…! 「わからない」でフリーズすることは無くなりました。 自分でかん

図形が得意な子

図形が得な子に育てたい。 でも、図形はセンス・・・ですよね?とよく聞かれます。 そう!センスです。 でも、そのセンスは生まれ持ったものではなく、磨くものです。 磨くとは? 徹底的に経験値で決まります。 経験するんです、た

同志社香里生の休講中課題

今日オンラインで授業をしていたら、 続々と香里生から 「先生~、課題が届きました~」 私、「待ってました~、課題の内容は?」 <課題第2弾>について 塾に行かず、自学している人も多いでしょう。 自学している前提でお話しま

当たり前の基準

学校が休校になって、もう2ヶ月半が経ちました。 誠学館の子ども達は、朝9時50分に「おはようございます」の全員集合から始まります。 学校が無いので規則正しい生活をして欲しいという想いからです。ここで、今日の課題をそれぞれ