Home > 幼児

幼児コース


◎幼児教育の必要性


幼児教育は、小学校の学習内容の先取りではありません。
幼児期には、しっかりと学習の基礎=土台作りが最も重要です。

1、幼児期における「基礎作り」の重要性


算数=計算学習と思っていませんか?
実は、計算学習の前に身に着けなければならない大切な学習があります。
それは、「算数ことば」(数の概念)です。
幼児期に百単位の数がすらすら言えても、そこに数の概念が伴っていなければ、意味がないと言うことです。
「うちの子は国語力がないから文章題が・・・」というお声をよく耳にします。
実は、これも国語力ではなく「算数用語」を理解し、身に付ける学習をしていないからなのです。この学習が算数の土台作りになります。
計算塾から変わってこられた方の多くが、計算においては2学年以上のことが出来るのに、文章題になると全くできません。
これも、算数の基礎を築くことを無視した学習の結果に他ならないのです。

2、図形の感性を育てる


算数、数学の中で子供たちが最も苦手とするのが図形です。
この図形の感性こそ、幼児→低学年の間に育てられるのです。
図形の感性は、具体物を使い、「ああでもない、こうでもない」と指先を使い試行錯誤を繰り返すことで身に付きます。
幼児期から<図形に触れる機会をたくさん持つこと>それが図形感覚を養う一番の方法だと考えます。

3、「正しい文字」を身に付ける


正しく漢字を書ける小中学生がどんどん少なくなっています。
漢字が苦手という子どもは、鉛筆の持ち方、書き順がきちんとできていません。
一番最初に鉛筆を正しく持ち、丁寧に文字を書くことから始まります。
「ことば」を読み、そして書きながら覚えていきます。


開校日

金曜日(月3回)

時間帯


未就学児:15:30~16:30
お子様の状態で時間数は若干前後します。

指導料


未就学児:9000円


★まず初めに体験授業を受けて頂きます。
開講日は直接ご連絡下さい。